読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フツウをかきまぜる日々

“ひと”にまつわる事柄を、自分の経験とマンガや映画などを絡めて描きます。

恋人にゾンビと言われた男の話

あなたは恋人にゾンビと言われたことがあるだろうか。
 
私は、ある。
 
 
10年前、高校2年生だった私は初めてできた恋人とのバラ色ライフにどうしようもなく浮き足立っていた。
クールキャラ(女の子につれない態度をとる、例えば「おはよう!」という女の子の挨拶に「おぅ…」と無表情に応えたりする)を目指していた私(アホ)でさえも、付き合って1ヶ月は顔のニヤニヤをおさえられなかった。
 
同じ部活の彼女と、週に2回は一緒帰る習慣になっており、その日も一緒に帰って彼女の家の前でおしゃべりをしていた。
 
 
何気なくおしゃべりをしていたが、ふと沈黙が訪れ、なんだか「それっぽい空気」になった。
 
こ、こここここれは噂に聞く「それっぽい空気」!!
 
未だ手も繋いだこともない私と彼女。
ここでいっとかなければ男がすたるのでは…!!
と私は突然のミッションをつきつけられた。
 
しかし悲しいかな今日は雨…。
彼女と私は傘をさしており、その距離は容易にはつめられない。
 
しかしこの千載一遇のチャンスを是が非でも逃してはならぬと思った私は、何をとち狂ったのか、「これがイケてる男の最適解」と言わんばかりに、持っていた傘を後ろへと勢いよく放り投げた。
 
もちろんまだ雨は降っている。
 アホである。
 
傘という邪魔モノを後方に追いやった私は、一歩、また一歩と彼女へ向かってじりじりと歩を進めていった…。
 
もう少し、もう少しで俺もイケてる男の仲間入り…。
 
 
と、突然彼女が持っていた傘を開いたまま私に向かってバッと振り下ろした。
私の行く手は、水玉模様の可愛らしい傘に完全に阻まれた形になった。
 
 
何が起こった?
勇気を振り絞った傘投げからの前進、それがなぜ遮られているのだ?
 
 
突き刺すような沈黙。
 
私は声をふり絞った。
 
 
「な、なんでなん…?」
 
 
 
 
「西井くん…ゾンビみたい…」
 
 
 
後で聞いた話だが、この時私はあまりにテンパっていたためか、両手を前に突き出し、あろうことか「あ…あ…」と奇声を発して近づいていたというのだ。
 
この2ヶ月後私たちは別れることになる…。
 

f:id:pagonasofa:20170510001733j:plain

 
 
おおっぴらに書いてはいるがもちろん恥ずかしい思い出だと思っている。
ゾンビと言われた後、彼女の目の前でかっこつけて投げた傘を拾いあげた、あの日の情景を思い浮かべると情けなくて涙が出る。
 
しかしこんなにも面白いネタを記憶の中にとどめておくなど、私の大阪人の血が許さない。
飲み会で、就活のグループワークで、最近では大学院の自己紹介で。
あらゆる場でこのエピソードを披露し、笑いをかっさらってきた。
私のすべらない話のトップに君臨し続けている。
 
 
この話を語ることには、笑いをとれること以外にもう一つ効果がある。
 
28歳というaround30な歳になると、批判されることが少なくなってくる。
若いころは「アホやな」とか「もっと頭使え」とかいろいろ言われてきたけれど、それが減り、そのせいか誉め言葉が際立つようになってきた。
 
「落ち着いてますね~」「行動力がありますね~」みたいに褒められる。
(最近ブログ記事を褒められることが増えてきたことについては大きな声では言わない。)
 
街中で鏡を見つければ、その都度鏡に映る自分の髪の毛をいじってしまう先天的ナルシストな私は、それがお世辞かもしれないという可能性を微塵も考慮せず、
「そうですかね~えへえへ」と受けとめてしまう。
 
そうして、もともとメタボリック気味な私の自意識はぷくぷく太っていく。
 
 
そんな時このエピソードを語ると
「あ、俺たいしたことないぞ」と気づくことができる。
 
「俺すごいかもしんねえぞ…」
という自意識過剰の世界へとフワフワと飛んで行ってしまいそうな私を、
「いやいや待て待て。お前、所詮ゾンビやから」
と、現実の世界にとどめてくれる楔の役割を持つのである。
 

f:id:pagonasofa:20170510002113j:plain

 
 
「あの時失恋して悲しかったけど、それを教訓に今は立派にやってます…」
のような結婚式で行われる大切な人への手紙の読み上げみたいに、当時の彼女に感謝したいわけではない。
 
むしろ今でも「いや、恋人にゾンビは言ったあかんやろ」とツッコみたい気持ちでいっぱいだ。
 
 
言いたいのは、大人になっても「かっこ悪いエピソード」を自分の中に持っておくということである。
 
周りの目や、自分の意識によって出来上がってしまった「かっこいい自分像」に沿うよう生活することは難しいし、維持することはしんどい。
木村拓哉は絶対に「寒い」と言わないという話を聞いたことがあるけれど、寒いときは「寒い」と言っていい。
 
「かっこ悪い自分もいる」ということを認めてあげれば、無理に自分を飾る必要がなくなり、少しだけ楽に生きられる。
 
 
 
とは言っても、女の子に奇声をあげながら近づくのは、いくらなんでも認めないほうがいいと思う。