読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フツウをかきまぜる日々

“ひと”にまつわる事柄を、自分の経験とマンガや映画などを絡めて描きます。

大晦日の夜に何のテレビ番組を見るか問題

安定の『紅白歌合戦』か。
笑って正月を迎えるために『ダウンタウンガキの使いやあらへんで』か。
それとも攻めの姿勢で格闘技か。
 
大晦日のテレビ番組は私たちを毎年のように悩ませる。
絶対的な知能で世界を混沌に貶めた、あの夜神月くんをも惑わせた命題である。
 

f:id:pagonasofa:20161231143606j:plain

(原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健DEATH NOTE』2巻)
 
 
当時大学2年生だった私は、ある挑戦を始めた。
 
我が家はバラエティー番組を見ない。
エンタの神様』も『めちゃイケ』も『M-1』さえも見ていなかった。 
お笑い芸人をほとんど知らないので、仙台に越してきてから
「え、大阪人のくせに知らないの…?」
と白い目で見られることもしばしばである。
 
もちろん大晦日にガキつかを見るなど以ての外で、我が家は紅白歌合戦におさまることが多かった。
しかし、友人が見せてくれる録画のガキ使を見るたびに、私の中には
「リアルタイムでガキつかを見たい…!」
という欲求がふつふつと湧いてきていた。 
しかしそれを阻む我が家の文化。
 
とは言っても両親は紅白歌合戦をどうしても見たいから見ている訳ではない。
他に見るものがないという理由で見ているのである。
 
私は一計を案じた。
 
同じキーワードを繰り返し聞かせ、刷り込みさせるサブリミナル効果を利用した方略である。
私は一週間前くらいから「ガキつかってのが面白いらしいで?」「年末ガキつか何時からかなあ」と、彼らの意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与え続けた…。
 
 
そして迎えた12月31日。
20時までアルバイトがあった私にチャンネル選択権はなく、両親に選ばれた番組を見るしかない。
果たして例年通り紅白歌合戦か。それとも私の策通りガキつかか。
 
ピリピリとした緊張感を持ちながらリビングのドアを開けた私の目に飛び込んできたのは…!
 
 
「親父、何、見てるん…?」
 
 
「ん?アニメのだめカンタービレ総集編やで?」
 
 
くっ…!
な、斜め上をっ…!
 
おとなしく親父とコタツに入ってのだめを見る素敵な年越しをしたのであった。
 

f:id:pagonasofa:20161231144305j:plain

 
ちなみにBSNHKで三部作映画一挙放送をやっているのを知ってからはそれを見るようになった。
 
今年はホビット三部作。
楽しみです。
 

f:id:pagonasofa:20161231144637j:plain

 
皆さま、よいお年を。