読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フツウをかきまぜる日々

“ひと”にまつわる事柄を、自分の経験とマンガや映画などを絡めて描きます。

ドラマ『カルテット』で知る「ゆるく頑張る力」

ドラマ『カルテット』が終わってしまう。
 
こんなにも見ていて落ち着くドラマにはなかなか出会ったことがない。
それはまるで低反発枕のように私の心にしっくりとはまり、ほどよく笑い、ほどよくときめき、ほどよくハラハラできる。
 
『カルテット』は、松たか子満島ひかり高橋一生松田龍平という演技派俳優たちが、弦楽四重奏の奏者を演じる‟ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブサスペンス”である。
 
※以下ネタばれあり

f:id:pagonasofa:20170321181746j:plain

 
1.カルテットドーナツホールのもつ「ゆるさ」
 
彼らの重厚かつ軽妙な演技は大きな魅力で、家族でもない4人が、軽口を言い合いながら楽しそうに食卓を囲むのシーンはその真骨頂だ。
 
その他にも、ヒヤリとさせられる巻さんのミステリアスさ、雀ちゃんの別府さんへの甘い恋心、そしてゾッとするような有朱ちゃんの小悪魔感。
登場人物たちが独自のキャラクターを生かし、様々なエッセンスをストーリーに混ぜていく。
 
その土台となっているのは、全編に通底するある種の「ゆるさ」だと私は思う。
 
 
弦楽四重奏『カルテットドーナツホール』を組む主要人物4人は、音楽だけで食べているわけではない。
彼らは資産家である別府家の別荘に居候し、それぞれが別に副業をしているか、もしくはしていない。
作品に登場する音楽プロデューサーの言葉を借りるなら四流の奏者である。
 
「注文にこたえるのは一流の仕事。
ベストを尽くすのは二流の仕事。
我々のような三流は、明るく楽しくお仕事をすればいいの」
・・・
「志のある三流は、四流だからね」

 (『カルテット』第5話)

 

しかし彼らには一流奏者への妬みや、奏者としての焦りが見られない。
と言って自分たちに見切りをつけ、プロをあきらめているわけでもない。
奏者としてのプライドを持ち(だから四流と揶揄されるわけだが)、定期的に練習を重ねる。
ただ「ゆるい」のだ。
醸し出す雰囲気が、暮らしが、弦楽器への取り組みが、ほどよく「ゆるい」。
 
 
同期が自分よりも出世が早い。
友人がすごくモテる。
高校の同級生が自分の年収の倍稼いでいる。
 
私たちはあらゆる場面で他人と自分とを比較し、ある領域で相手が自分よりも上にいた場合、劣等感を抱き、相手を恨めしく思ってしまう。
だから青筋立てて自分の限界を超えて頑張ってしまうか、周りと自分を呪ってしまう。
 
私もなかなかそのパワーゲームの螺旋から降りられない。
もし働くならパン工場よりも博報堂で働いていたいと思う自分がいる。
 
 
プロを目指すもプロになれていない。
でも焦らない。
でも努力はする。
そんな彼らの「ゆるい姿勢」はどこから来るのだろう。
 
 
2.社会的自尊感情と基本的自尊感情
 
心理学者の近藤卓(たく)先生は、自分を尊重できる感情「自尊感情」には優越や成功体験によって伸びていく「社会的自尊感情と、それを支える「基本的自尊感情の2種類あるという。
以前教育界で流行った‟ほめてのばす”のように、社会的自尊感情は他人からの評価や他人との比較で風船のようにすぐに膨らんでいく。
 
一方基本的感情は、
 
あるがままの自分自身を受け入れ、自分をかけがえのない存在として、丸ごとそのままに認める感情です。よいところも悪いところも、長所も欠点も併せ持った自分を、大切な存在として尊重する感情が、基本的自尊感情です。
そして、この感情こそが、自尊感情の基礎を支える大切な感情なのです。

 (近藤  卓『子どもの自尊感情をどう育てるか』)

 
カルテットの第9話で正規職についていないことに後ろめたさを感じるメンバーに対して、巻さんが言ったことわざ「咲いても咲かなくても花は花」は正に基本的自尊感情を表す言葉だろう。
「咲かなければ花ではない」と考えているから私はパワーゲームから降りられない。
 
 
また近藤先生はどちらの自尊感情も必要だと主張する。
基本的自尊感情だけが高いと、成長意欲のないマイペースな気質になってしまう。
 
それより怖いのが社会的自尊感情ばかりが高いタイプだ。
基礎ができていないので、自分の存在価値を高めるのは周りからの評価か優越しかない。
それを得るために、彼らは常に力を抜かずに必死で頑張り続ける。
しかしそうして得た社会的自尊感情は、自分よりも優れた人に出会ったり、失敗したりしたとき、風船がはじけるように簡単に失われてしまう危険性を孕んでいるのだ。
 
 
3.ゆるく頑張る力
 
カルテットの4人は、そのどちらもが高い。
自分たちは‟咲かなくても花であり”、なんなら‟穴が開いているから(ドーナツになって)良い”と自分たちの短所も受け止める。
過去どんなことがあっても今が良いからいい、とありのままの自分を認めている。
 
一方で自分たちの演奏を褒められれば喜び、そして絶え間ない努力をする。
 
マイペースでも、張り詰めた風船でもない、「ゆるく頑張る力」を持っている。
 
 
ちなみに基本的自尊感情は、身近な誰かと一緒に映画を見たり、ご飯を食べたり、同じ体験を共有する‟共有体験”によって育まれるそうだ。
 
体験を通して嬉しさや悲しさを一緒に感じ、共有することで、「自分の感じ方は間違っていない」という安心感が生まれる。
その積み重ねによって、「自分はこれでいい」と受け入れることができるのだ。
 

 とりあえず身近な人とレモンをかけた唐揚げを食べて、その気持ちを共有してみよう。

 

子どもの自尊感情をどう育てるか そばセット (SOBA-SET) で自尊感情を測る

子どもの自尊感情をどう育てるか そばセット (SOBA-SET) で自尊感情を測る

 

 

ガッキーの『恋ダンス』に見る固定的笑顔の恐怖

私は藤原紀香を見たことがある。
 
2011年5月。
震災ボランティアで訪れた岩手県陸前高田市の避難所に、赤十字の広報特使である彼女が支援で来ていたのである。
避難所は大盛り上がり。
じっとりとした空気の漂う空間がパッと明るくなったようだった。
 
 
その一方で私は彼女に恐れも感じていた。
 
避難所に現れ、被災したおばあさんにハンドマッサージをし、ボランティアとも交流する間、彼女の笑顔は全く崩れないのである。
もしかしたら張りついているのではないかと思うくらい持続する彼女の笑顔に、ぞっとした記憶がある。
 
同じ違和感を、一世を風靡したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の『恋ダンス』を踊る新垣結衣にも密かに感じている。
 
 
ちゃーららららら…♪
いーとなみの まちがくれたらー
 
から
 
ひーとりをこえてゆけ
…ちゃららららっちゃららっちゃら〜ちゃーちゃーちゃ♪
 
まで。
 
 
彼女の笑顔は全くもって崩れない。
それなりに動きのあるダンスにも拘わらず彼女の口角は上15度をキープし続ける。
本編では「私はひらまささんが1番好きですけど…」
などの台詞で心を鷲掴みにされるわけだが、それとは裏腹にエンディングでは彼女のその固定した表情に、心が冷やされていくのである。
 
 
おもしろいのはエンディングで『恋ダンス』を終始無表情で踊っている星野源にはそんな違和感は感じないということだ。
 
つまり私は「楽しいこともおもしろいことも起こっていない状態で維持される笑顔」に対して不自然さを抱いている。
その笑顔はまるで能面のように、その人の生の表情覆い隠し、結果、その人の人間らしさが損なわれてしまっているように感じてしまう。
 
また、心から楽しいとき、心から愛しいものに出会ったときの笑顔に比べ、その能面の笑顔とでもいうべき笑顔は、投げやりなコミュニケーションのようにも感じられる。
相手がどんな言動をとってもとりあえず笑っとけばいい。笑顔でいれば失敗することはない。
といったような、コミュニケ―ションの相手を舐めたようなコミュニケーションの取り方を、心が受け付けない。
 
 
こう見ると笑顔という表情は「記号」になっているような気がする。
 
自分の中の感「情」が「表」に出るくる、結果的なものではなく、
明るい状態を示す記号として使用される。
 
‟愛嬌とは自分より強い敵を倒すための柔らかい武器”と夏目漱石が言ったように、確かに笑顔は円滑な人間関係をつくるための手段になり得る。
しかしそれをコントロール下に置きすぎると、自然に起こる笑顔を次第に忘れ、表面的なコミュニケーションしかとれなくなるのではないだろうか。
たとえそうならなくとも、常に笑顔でいる人に対し、周りの人はその人が本当に喜んでいるのかどうか分からず困惑してしまい、どちらにしろ充実した信頼関係は築けなさそうだ。
 
もちろん『恋ダンス』を踊る新垣結衣は、望んで口角を上げ続けているわけではないだろう。
しかし世間が彼女に対し「明るい状態でい続けてほしい」と要請する。
その結果、日本のかわいい系女優はみな能面化していく恐れがある。
 
女優だって人だ。
もっと生の感情がでてきていいし、出てこないときは無理に出す必要はない。
 
 
もちろん笑顔の新垣結衣はかわいい。そこは微塵も否定しない。
(それどころかその笑顔にどれだけ心奪われたかわからない。)
 
しかし無表情で『恋ダンス』を踊るガッキーも意外と良かったりするのではないかと、妄想を膨らませながら思うのである。

f:id:pagonasofa:20170314191215j:plain

私たち男性は実は女性が羨ましいんです~国際女性デーにむけて~

曲がりなりにもジェンダーにかかわる市民活動を行っているものとして、国際女性デーに合わせ、おこがましいながらも、女性について書いておこうと思います。
 
 
当団体は月に一度、男性だけで集まって「プライド」や「性欲」などのテーマについてディスカッションする勉強会を開いています。
 
ある日の勉強会で「男と女の違い」について話題になった時のこと、こんな意見がでました。
 
「レストランで次の客が並んでいるのに、女性は食べ終わっても平気で話を続け、席を立とうとしません。並んでいたら俺はさっさと食べるのに、ずるい。」
 
「女性は感情論ばかり。私だってしんどい。それでも我慢している。」
 
 
これらの話を聞きながら、私は小学校時代の「終わりの会」を思い出していました。
 
クラスメイト同士で意見交換することがおそらく本来の目的だったその会は、互いの問題点を教師の前であげつらう「告発の会」となっていました。
「〇〇さんに馬鹿って言われました。謝ってくだっさいい。」
といったような具合です。
(同世代の友人たちに聞いたところ、どこの学校も同じようなことが起きていたようです。)
 
私も告発されたことがあります。
その前日に禁止されていた校区外の公園で遊んでいたのですが、それを見かけたクラスメイトに
「□□くんが、校区外の公園で遊んでいました。謝ってくださいい。」
と言われたのです。
 
そう言われても誰に謝っていいか分からない私は、やむなく黒板に向かって
「ごめんなさいい」 と謝ったことを覚えています。
 
 
よくよく考えると、私を告発したこのクラスメイトは、私が校区外で遊んだことで何か損失をしたわけではありません。
同じように、いつまでもレストランの席を立たない女性がいることで、私たち男性が損をするわけではありません。
 
それでも得をしている相手を批判せずにはいられない。
 
このような自分の置かれた不遇を嘆き、他人への暴力に走ることを、批評家の杉田俊介さんは、イソップの寓話の「酸っぱい葡萄」を引き合いに出しながら、‟ルサンチマンを過度にこじらせ”た状態と表現します。
 
美味しそうな葡萄だが自分の手には入らない。だから葡萄を「酸っぱい」と悪く言う。
 
先述のような男性の女性批判の裏には、実は「羨ましい」という思いが潜んでいます。
それをストレートに表現せずに「女性ばかりいい思いをして許せない!!」と怒りを表すのです。
 
男女の経済格差やセクハラ・DVなどの問題は、そもそも現代社会に横たわる女性への偏見が大きく関わっているので、この‟ルサンチマンの暴走”だけが女性問題の原因とは言えません。
しかしそれでもその暴走が、ひいては「女性への嫉妬」が男女の溝を深くする要因になっている気がしてなりません。
 
 
ところで、男女共同参画の視点から女性について語るとき、それはネガティブな方向で語られることが多くあります。
先ほど‟女性への偏見”と述べたように、「女性は抑圧され、辛い思いをしている」と。
 
私たち男性はそういった女性の声を重く受け止め、自分たちの加害性を自覚することが大切です。
男性の変化によって、男女の経済格差やセクハラ・DVの問題は大きく改善するからです。
 
しかしネガティブな面だけを押し出しても、女性問題は解決しません。
否定されているように感じた男性はもっと自分の殻を閉じ、女性への批判を強め、男女の溝は更に深まる危険があります。
また、もしかするとネガティブな面ばかり聞かされて、女性でいることがイヤだと思う女性もいるかもしれません。
 
そこで必要なことは、女性の問題を訴えると同時に、女性のポジティブな面を再発見し、そこにも光を当てることです。
 
 
例えば…
 
自分の感情をまっすぐ相手に伝えること。
 
友人と柔軟にスキンシップをとり関係性を深めること。
 
自分が辛いとき人を頼ること。
 
 
「感情的」「べたべたする」「泣き言を言う」などと否定されてきたそれらの特徴は、実は私たち男性が失ってきた、かけがえのない才能です。
 
またピンク色のものを好んだり、甘いものを食べたり、雑貨屋めぐりをしたり、女性たちが当たり前に楽しんできたことが、まだまだ男性には許されていません。
 
もちろん男性の中にもそうした楽しみを得たいという人もいます。
でもできない。だから「これだから女性は…」と攻撃する。
手が届かないと思うから酸っぱいと決めつけ、木に登る努力をしないのです。
 
ところが、実は「許されない」とか「できない」というのはただの思い込みです。
男性は「男らしく」というジェンダーによって自分を縛ったり、縛られた人からの批判を恐れるためにできないのであって、その縛りから解放されれば可能なんです。
 
なので女性には、男性が女性の世界に入ることを許してほしい。
居酒屋でカルーアミルクを頼む男性を「男らしくない」と突き放すのではなく、「いいね」と受け入れる。
もちろんその逆、そして多様なセクシャリティに対してこの受容の姿勢は必要です。
 
さらに欲を言うなら、それらの女性の楽しみや才能を身につけることで、どれだけ充実した時間を過ごし、豊かな人間関係が築けるか、どうやったらその術を身につけられるかを、私たち男性に教えてもらいたいです。
 
受容することと、自分のたちのポジティブな側面を伝えること。
それらによって、男性の嫉妬の炎はだんだんおさまり、性別の溝は埋められていくのではないでしょうか。
 
もちろん、女性が教えてくれたことを生かすのは、私たち男性の課題です。
 

f:id:pagonasofa:20170308175026j:plain

 

市民活動団体 Re-Design For Men
 
「男が女性をリードすべき」「男は弱音を吐いてはならない」など、男かくあるべしという固定観念に縛られているために、男性は周りの人に自分の考えを押しつけたり、時には自分自身がしんどくなったりすることがあります。
そんな意識をゆる~くときほぐすため、月1回、男性の男性による男性を考えるための勉強会を開催。
20代から60代まで、学生、ニート、フリーター、サラリーマンなど、様々な年齢・背景の男性たちが集まり、「性欲」「仕事」「プライド/劣等感」などをテーマに気ままに語り合っています。
会の中でいろんな人の視点に触れ、「こう考えることもできるのか」と気付くことで自分の‟男性性”を作り替え(=Re-Design)、より生きやすくなることを目指します。
 

わたしとアダルトビデオにまつわる真面目なお話

久しぶりの更新だが、性にまつわる話をしたい。
 
 
今の日本は性についてオープンではない。
ヘテロ男性のほとんどが日常的にアダルトビデオを見ているにもかかわらず、
昨日の晩何を食べたかは話題にするのに、昨日の晩どんなアダルトビデオを見たかは話題に上らない。
 

f:id:pagonasofa:20170302182549j:plain

 
もちろんそこには恥じらいなどがあるのかもしれないが、それ以上に性にまつわるものは「汚いもの」「悪いもの」というイメージがつきすぎているのではないか。
 
 
そのため性にまつわる正しい知識を学ぶ機会が、私たちには足りていない。
 
コンドームのつけ方を学んでいないために避妊ができない。
正しい方法を知らないために刺激の強いマスターベーションを繰り返し、膣内射精障害や、悪くすれば難治性のEDになる。
男性が女性を一方的にせめるAVばかり見て、パートナーと充実したセックスができない。
 
 
性的な媒体に何か問題があるのであれば、その消費者たるぼくら男性陣が取り組まなければならないし、
問題がないのであれば、じめじめとした世界から当たり前の営みとして、とらえ直すべきなのではないか。
 
そんな思いから今週末こんなイベントを、主宰する団体で開催します。
よければご参加ください。
 
男の討論会「男とアダルトビデオ」
【日時】2017/3/4 (土) 15:30-18:30 (会場受付15:20から)
【場所】エルパーク仙台セミナー室
【定員】30名
【参加費】無料
【申込み】不要 (直接会場にお越しください)
【備考】今回の参加は男性の方に限ります。
 
 
最後に宮城県石巻市雄勝町、名振地区で行われる「おめつき祭り」の写真を。
 
神輿、獅子舞など、いろんなコンテンツを含んだそのお祭りには「男根崇拝」の時間もある。
男性器をかたどった大きな彫刻に、女性たちが安産を祈念してまたがるのだ。
 

f:id:pagonasofa:20170302182459j:plain

f:id:pagonasofa:20170302182517j:plain

 
そこに参加する住民たちの顔は男女問わずとっても楽しそう。
誰にも気負いすることなく、性にオープンになることは、確かにできるのだ。

限界集落から、まちづくりについて考えること。

石巻市雄勝町波板地区。

居住10世帯、高齢化率100%の紛れもない限界集落だ。

先日ボランティアで訪れた。

 

ナミイタ・ラボという住民たちが集まれる施設で、住民のおじいさんたちがのんびりとまちづくりを考えている。

 

個人的に「まちづくり」という分野は、何を目的としているのかわからない自称デザイナーたちのなんちゃってイベントにかき回されたり、「雇用促進」や「助成金獲得」など資本主義的な思惑に絡め取られたりして、現地の住民の存在が薄くなっている印象がある。

 

作物を食べる鹿よけの柵を作り、畑を耕し、夏は海で岩ガキを獲る。

昔からの自分たちの生活を取り戻し、自然環境をいかしてより楽しいものにする。

そのために外部の力をすこし借りる。

なんなら一緒に楽しんでもらう。

 

そんな住民主体のまちづくりがあってもいいんじゃないか。

そんなふうに思わされる土地だった。

 

この綺麗な海に、夏、また泳ぎに来たい。

 

f:id:pagonasofa:20170217001847j:plain

f:id:pagonasofa:20170217001857j:plain

ロード・オブ・ザ・リングに見るイケメンの定義

イケメンとは何か。
 
イケメンを解説するインターネットページをいくつか読んでみたところ、その意味は多種多様であるらしい。
 
今日はその意味付けを、J・R・R・トールキンが世に出した珠玉のファンタジー『指輪物語』を映画化した『ロード・オブ・ザ・リング』を引き合いに検討してみよう。
 
※以下ネタバレあり
 

f:id:pagonasofa:20170214004549j:plain

 
冥王サウロンを倒すため、人間・ドワーフ・エルフ・ホビットなど様々な種族から集まった9人の旅の仲間には、なかなかバラエティーにとんだ男性陣がそろっている。
ここからイケメンを選出しようと思う。
 
 
正統派イケメン
 
まず「イケメン」という言葉が「イケてるメンズ」と「面」をかけた言葉であることからわかるように、「ハンサム・美形」という意味で最も多く使われるだろう。
 
とすれば、オーランド・ブルーム演じるレゴラスは外せない。
 

f:id:pagonasofa:20170214003356j:plain

 
ブロンドの長髪。
弓を自在に操り、圧倒的な運動能力を誇るエルフの王子は誰がどう言おうとハンサムである。
清廉すぎて屁もこかないんじゃないかとさえ思えてくる。
 
 
イケメンは顔だけではない
 
別の系統のイケメンもおさえておきたい。
 
ゴンドールを追われた若き人間の王、アラゴルンだ。
こちらはレゴラスと異なりワイルド系ハンサム。
 

f:id:pagonasofa:20170214003508j:plain

 
その圧倒的リーダーシップで皆を引っ張り、使命のためにあきらめない姿は紛れもなくイケメンだ。
夜営するフロドたちを助けに現れるシーンなどイケメン過ぎてもう涙が止まらない。
 
このアラゴルンは一方でイケメンの定義について重要な示唆を与えてくれる。
 
アラゴルン演じるヴィゴ・モーテンセンを、皆さんはアラゴルンに扮した以外で見たことがあるだろうか?
 

f:id:pagonasofa:20170214003601j:plain

 
え…?この人…本当にあのワイルドイケメンだったアラゴルン
え?え?
 
そう。
イケメンは顔だけではない。
髪型や服装、ひげ、メガネなどオプションによってもつくられるのだ。
意外と自分はイケていると思っていたのに、美容院の白いカットクロスをかぶり、メガネを外され、髪の毛を全アップにされると「あれ?意外と俺微妙…」となる現象と同じである。
 
 
イケメンは見た目だけでもない
 
さらにイケメンに関して言及している記事を見ると「見えないところで努力している」という言葉を見つけた。
 
なるほど。
水上では美しく、水中では必死に足をばたつかせる白鳥のごとく努力する男性はイケメンかもしれない。
 
 
 
そう、つまりサムである。
 

f:id:pagonasofa:20170214003707j:plain

 
主人公フロド邸の庭師、サムことサムワイズ・ギャムジーは、目立ちはしないものの、旅の仲間たちとはぐれたフロドとともに最終目的地モルドールを目指し、道中幾度となく活躍する。
 
指輪の魔力にやられて何度もフラフラになっているフロドなど、サムがいなければ指輪を破壊する旅路のかなり前半で息絶えていただろう。
ゴラムに唆されてサムを罵倒しだした時などもうデコピンしてやろうかと思ったくらいである。
 
 
年をとっても頼りになる系イケメン
 
イケメンの用法として「頼りになる」という意味で使われることも多いようだ。
困った時、不安な時、そっと手をさし伸ばしてくれる存在はイケメンだろう。
 
ロード・オブ・ザ・リング』、さらにその数十年前のエピソードを描いた『ホビット』でその役割を負ったのが、世界に4人しかいない魔法使いの1人であるガンダルフだ。
 

f:id:pagonasofa:20170214004133j:plain

 
魔法使いと名乗っているくせに使える魔法は花火と岩砕きだけという、それだけ見ればハリーポッターの足元にも及ばない彼だが、「大きな鷲を呼び寄せる」という強靭な力をごくたまに発揮する。
窮地から脱するときの移動手段として、敗色濃い戦況で大量に現れ敵の軍勢に襲い掛かる戦力として、鷲たちは大活躍するのだ。
 
「もっと早く呼んでええええええええ!」
「てか鷲さんたち、もうゴールまで乗せていってえええええええ!」
 
と思わなくはないが、ガンダルフはその力で仲間たちを数ある危機から救ってきた。
 
 
イケメンのダイバーシティ化の中で
 
顔がいい人だけをイケメンと呼ぶ時代は終わったのかもしれない。
ロード・オブ・ザ・リング』のキャラクターだけでもこれだけのイケメンがいる。
 

f:id:pagonasofa:20170214004359j:plain

 
確かに私がレゴラスのようになるのは7回生まれ変わっても不可能だろう。
しかし別の形でイケメンと呼ばれる存在にはなれる可能性がある。
 
そう考えれば僕らはもう少し生きやすくなるかもしれない。

アカデミックなコミュニケーションに慣れすぎるとデートで使い物にならない

さいきん同僚の大学教員とお昼に行くのが楽しい。
 
教育のこと、ジェンダーのこと、人間のこと、現代社会のことを食堂のまずいラーメンをすすりながら心ゆくまで話すのだ。
 
先日は「相模原障害者施設殺傷事件」から「動機は個人の認知の歪みか社会に通底する思想か」という話に移り、「異なる思想が交わらない言論空間の閉鎖化」に発展。
「固定層しか来ないシンポジウム批判」から「路上パフォーマンス」の話に及んだところで休憩時間は終わった。
もちろんラーメンは伸び切っていた。
 
この話を別の友人にしたら「うわあ…」とかなりひかれた。
 
 
答えは出ない。
しかし自分の考えや経験をぶつけ合う刺激的で学びの多いその時間が私は好きだ。
 
が、そのような会話ばかりしているのもいかがなものか、とも思う。
 
 
先日ある女性と食事に行った時のことである。
 
趣味の話や最近あった面白かったこと、共通の友人の話。
そういった何気ない会話がほとんど出てこないのだ。
なにかと学術的に分析したくなる。
 
「最近友だちが結婚したがってるんだけどさー、なんか思いきれないらしくてー」
 
「そもそも結婚という制度はね…」
 
といった具合である。
頭でっかちな偏屈野郎と言われても仕方のない体たらくである。
 
 
刺激的な学術的な会話ももちろん楽しいし大切だ。
しかし、落ち着ける関係の人と、落ち着く会話をすることはもっと大切だ。
 
同僚とまず天気の話でもしてみよう…。